検索
  • やだこいち

紅白歌合戦2018

最終更新: 2019年3月13日

大晦日の夜、フルで紅白歌合戦を観ました。


すっごいなと感動したのが、最後のサザンオールスターズ。


希望の轍と勝手にシンドバッドの2曲を歌われた約10分間。

桑田佳祐さんの動き?パフォーマンスに惹きつけられて、

それこそ自分もNHKホールにいるくらいの一体感を味わいました。


最後の方は、ユーミンをはじめいろんな出演者がステージに流れ込み、お祭りな雰囲気になり、

僕も、一緒になって楽しめました。


僕と同じような気持ちになってる人が、日本のたくさんの家庭にいるのではないでしょうか。

視聴率30%として約3,000万世帯、その中で真剣に見てた人が、2世帯に1人くらいとしても、1,500万人。10世帯に1人としたら、300万人ですか。


そんな数の人たちに、テレビでの10分間で、

一体感、楽しさ、幸せ感を作る桑田佳祐という人は、マジでスゴいなぁと感動しました。


10分間、アドリブとか即興的なことを桑田さんがしていたので、

ハラハラドキドキもあり、もうテレビに釘付けでした。

なんか、このステージが終わったら、桑田さん心臓止まって死んじゃうんじゃないかってくらい、

人間一人が成せる事じゃないと思いました。それくらいのパフォーマンスだと感じたんです。


大感動したので、この気持ちは残しておきたい。ということで書きました。





32回の閲覧
  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • Black Spotify Icon
  • Black Apple Music Icon

© 2018 by Koichi Yada. Created with Wix.com